インプラント implant
インプラント
インプラント
インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作成して機能を回復する治療方法です。
固定式であるため入れ歯のようにガタついたりせず、自分の歯とほぼ変わらず噛めるようになります。

1 審査と治療計画
インプラント治療に必要な審査を行いインプラントの治療が可能かどうかを診断してもらいます。 その後治療計画を立てます。
2 フィクスチャー埋入の手術
インプラント
歯の根に相当する部分インプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋人する手術を行ないます局所麻酔を用いて行ないますので安心して手術を受けることができます。
3 治癒期間
この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3~6ケ月)

*治癒期間は骨の質などにより側人差があります。
*この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。
4 アバットメントの連結
インプラント
人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
*この時、簡単な手術を行う場合もあります。
5 人口歯の装置
インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行ないます。
その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。
6 定期検診
インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。先生の指導に従い正しい歯みがきをこころがけてください。また、半年に一度、定期検診を受けインプラントの状態を先生に診てもらうようにしてください。
インプラントに関するQ&A
インプラント治療には年齢制限はあるの?
インプラント治療には年齢制限は殆ど無いと言えます。 健康状態が良い、持病で全身疾患が無いなどの条件であればご高齢の方でも抜歯をする程度の身体への負担です。

私は総入れ歯なのですが、インプラント手術では全身麻酔の必要性はないのですか?
インプラント手術では総入れ歯でも全身麻酔の必要性はありません。 インプラントオペはたとえ本数が多くても局部麻酔で十分に利かせることが出来るので全身麻酔は必要ありません。